中央部をわずかに高くし、玄関ポーチを付け正面性を強調した
左右対称の外観を持つ 鉄筋コンクリート造旧村役場

壁はカンスイ石とぎだし、基礎は石張り屋根はパラペットを立ち上げた陸屋根防水仕上げ
内部は、フローリングの床、漆喰仕上げの壁となっており、装飾はあまりなされていない

玄関ポーチ上部2階正面の意匠、曲面の柱、基礎石張りの様式から、モダニズム的発想を
写実実践しようとしたことがうかがえる


岡山県和気郡和気町岩戸

登録有形文化財 (建造物)   1997/9/3 登録



20220207_151732P2070473



20220207_151750P2070475



20220207_151803P2070476



20220207_151815P2070477



20220207_151828P2070478



20220207_151841P2070479



20220207_151857P2070480



20220207_151905P2070481



20220207_151922P2070482

20220207_151926P2070483



20220207_151934P2070484

20220207_151942P2070485