古くから地元の人々を見守り続けてきた
備中国分寺の五重塔
土地のシンボルでもある 五重塔 は 木造本瓦葺、高さ 約34.3m

備中国分寺のすぐそばに広がる田園風景の一角に
赤い穂を持つ
赤米 が植えられています

1400年以上の歴史を持つ
赤米 は、元々新本地区にある国司神社の神事に用いられてきました
備中国分寺近くに植えられているのは観光用の田んぼですが
赤い稲穂で田んぼが一面赤く染まる様子は
他の土地ではほとんど見ることが出来ない珍しい光景だとか

現在、古代米の
赤米栽培赤米神事 を行っているのは
岡山県総社市長崎県対馬市鹿児島県南種子町 (種子島) の3箇所だけ
総社市の備中国分寺で栽培されている赤米は、古代米 総社赤米サイワイモチ
品種改良した あかおにもち
1200


 
岡山県総社市上林



※写真はクリックすると大きくなります



230912-170524_13



230912-171615_14



230912-171907_15

230912-171944_16



230912-172513_19

230912-172530_20



230912-172816_21

230912-175139_22



230912-175625_23



230912-180035_24